■ ■河合家の人々■ ■

anyblue.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:田舎暮らし( 36 )

たからもの

朝まだ寝ぼけまなこの彼女に行って来ますを言って、
玄関のガラス戸に張り付いて待っている彼女にただいま~と帰宅して、
いったい私は何をしてるんだろうと思ってしまう。

子どもの体は正直。
私が忙しくしていると、発熱。
e0007242_2313396.jpg

この大切な宝物の、小さなサインを私はまた見逃してしまったのか、私はこれで本当にいいのか、自問の毎日。

お父さんと呼ばれても、爪を切らせてくれなくても、なんでもいいから、元気が一番。
早く良くなって。
[PR]
by junjun-nonnon | 2012-08-09 21:25 | 田舎暮らし

そばにいるだけで

e0007242_21512456.jpg

おととい正午すぎ、保育園からの着信。
いつもはこんなに元気なおねえちゃん、
発熱で早退。

39度にもなるとぐったりで、少しでも離れるとうぇ〜んって泣いてまるで赤ちゃんのよう。
でもね、まだ二才。

いったいどこで覚えてきたの⁇っていう言葉や変な自作の歌、テーブルのまわりをグルグル走ったり、私がいる台所にせっせとオモチャを運び込む姿を思い出してはちょっとしんみり。
やっぱり元気がいちばんだな〜って。

そばにいてあげるだけで落ち着くなら、時間の許す限り離れないでいてあげようと…

思ったのも束の間。

今日帰宅すると元気になって、また私のことをおとーたんと呼び始めたぞ…笑。

彼女によると、私は次女にとってのおかーたんで、彼女のお母さんはおとーたん(旦那のこと)なんだって!うーん複雑ぅ~。
[PR]
by junjun-nonnon | 2012-07-12 21:14 | 田舎暮らし

誰のための散歩か

e0007242_14151714.jpg

風が少し強いけど、思い切って散歩。

運動不足の八郎のため。
保育園が休みで体を持て余している娘を疲れさせてすんなりお昼寝させるため(笑)
いよいよ本格的に社会復帰する母さんのお腹を引っ込ませるため(汗)

雨が冬の空気を洗い流して季節がグッと進んだ感じ、いいね!
[PR]
by junjun-nonnon | 2012-03-07 11:14 | 田舎暮らし

おねえちゃんの苦悩

私が退院した日、保育園から帰って来た長女が茶の間にいた赤ちゃんを見つけ「赤ちゃん来てたよ~」と台所にいた私に教えてくれた。

母留守の間、パパとじいちゃんと本当によく頑張りましたおねえちゃん…涙。
その反動は覚悟していたのですが、頑張った分思いっきり甘えたい気持ち半分、赤ちゃんが気になってしょうがない&二歳児なりに感じる「おねえちゃん」というプレッシャー半分。

そんな感じで、今はまだ処理しきれない気持ちを抱えている様子。
赤ちゃんをベロベロ舐めようとしたり、冷ましているミルクの哺乳瓶をパクっとしちゃたり、授乳中におっぱいを指差して「これ
か~し~て~」と両手を重ねて懇願したり、そんな姿にこっちまで切なくなりながら、わが家、試練の時!とみんなで頑張っています。

これもあれも独り占めしたいし、赤ちゃんもかまいたいし、あげく疲れ果て私の足の上で寝てしまった彼女、動けないし、だんだんと腿がヨダレで湿ってくるワタシ…
e0007242_22431280.jpg

出来ることなら赤ちゃんもおねえちゃんも同じくらいだっこしたいし、一緒にいたいんだよー、と寝ている顔に言ってみる…。

そんなおねえちゃんと私の朝起き掛けの合言葉は、
ワタシ「さあ今日も一日ガンバロー!」
娘「えいえいおー!」です。

力をもらっているのはこっちだなぁと毎朝思う瞬間。
[PR]
by junjun-nonnon | 2012-01-19 22:47 | 田舎暮らし

ただいま、わが家

昨日、退院。小さい娘と一緒にわが家に帰って来ました~。

入院中の生活は、体の回復とともに次から次へとやることがあり、三時間おきにオムツ交換、体重測定(赤ちゃん)、授乳、再び体重計、ゲップ(なかなか出ない…)、搾乳(手がイタイ)、哺乳瓶類の消毒、の繰り返し。
その間、自分の検温、食事、注射、診察、シャワーなど、あ~二年前もそうだっあなぁ…とゆっくり思い出しながらひとつひとつ赤ちゃんとタイミングを合わせていた感じです。フ~…

一緒に入院していたママさんたちとも赤ちゃんのこと、家族のこと、おっぱいのこと、さまざま痛みのこと…など色々情報交換ができ、あっという間の9日間でした。

大晦日も元日も関係なく仕事をしていた頃をちょっとだけ思い出して懐かしくなったりもしたけど、
その頃と少し形が変わった同じ「充実感」を大切にしていこうと思った年頭です。

旅は始まったばかり
e0007242_156295.jpg


じいちゃんと長女の反応はまた今度…笑。

家族ともども今年もよろしくお願いします☆
[PR]
by junjun-nonnon | 2012-01-06 14:33 | 田舎暮らし

いよいよ

いよいよ、病院に入りました~。
明日、生まれる予定。

先輩ママたちからは「大丈夫!病院でゆっくりして来て~☆」とメールが届き、近所のお母さんたちからも「家のことは心配しないで!!」と励まされ、隣の80過ぎのお婆さんは雪の降るなか見送りに来て「大丈夫大丈夫頑張って!」と何度も言ってくれました。

本当はあれもこれも心配だけど、娘のこともじいちゃんのことも気がかりだけど…一週間留守にします~。

周りのみなさんの温かさに感動して、ちょっとの不安とたくさんの楽しみ、もちろん父さんへの感謝感謝で、泣き虫母さん、夕べは娘を腕枕しつつ、おいおい泣いて、父さんびっくりして起き上がりました…笑。

小さい頃からある庭先のなんてんをしみじみ見上げた昨日。難が転じるとされる縁起物。
e0007242_13154238.jpg

新しい命、さあ来い!!
[PR]
by junjun-nonnon | 2011-12-28 12:56 | 田舎暮らし

ワクワクとメロメロとグルングルンな日々

雪が降りました朝です。

昨夜の帰宅、日付が変わる1時間前。ぼた雪が降るなか玄関の外灯だけが点いている我が家はシーンとしていて、さすがに屋外にいる犬たちも寝ていました。

来年の春、私たちの住む町にラジオ局が誕生します。夏ごろから、一関市役所の方々と一緒に開局へ向けたさまざまなお手伝いをさせて頂きました。

地元とは言え帰って来たばかりだし、新しい素敵な皆さんとの出会いがたくさんあり、お腹がどんどん大きくなる一方で、ラジオ局の開局準備という、とても貴重な機会に接し毎日ワクワクして過ごしてきました。いよいよ会社が立ち上がる、昨夜はその大切な会議がありました。
こんな巡り合わせをいただけたこと、本当に感謝です。

でもやはり、体はひとつしかありません、来月には私の中からもう1つの命が出てくる予定(二度目ですが、やはり人の中から人が出てくることって、スゴイ!!と自分のことながら思います…)

いつもならせいの〜で一緒に入る布団に一人で寝る娘の顔を見ながら、昨夜はこっそり、そぉ〜っともぐり込みました。あとどのくらいこの寝息を感じて一緒に寝られるかなぁと。

子どもの成長は本当にあっという間で、驚かされることばかりです。
産んだ私もそうなのだから、20年近く一人で住んでいたところに三人と一匹が急に越してきて、そのころまだ歩くこともできなかった孫に今じゃ「じいちゃん、ごはんだよ〜ちゃんとすわって〜起きて〜」と起こされるじいちゃんの顔はすでにメロメロを通り越しています。
扱いに戸惑いながらも、私たちに色々協力してくれている父にも、感謝。(メロメロを通り越した顔はかなりだらしないし、見ててこっちが恥ずかしいけどねっK .K!)←相変わらず娘たちにイニシャルで呼ばれる父、勝郎…笑。
e0007242_10572287.jpg

これから起こる更なるドタバタを思わせるかのように、今日も朝からスイカの中のエイリアンが暴れています。運転していてもパソコンに向かっていても、ご飯を食べてても、キック、パンチ?グルングルン。
今日はこれから検診でモニター画面の中のキミに会ってきます☆
[PR]
by junjun-nonnon | 2011-11-22 10:57 | 田舎暮らし

10月スタート!

空気はヒンヤリ、日差しはやわらかで、黄金色のじゅうたんが波打つ、秋ですね。

今日は一関の総合体育館で産業祭りが行われています。近所の保育園の運動会や、住宅祭りも併催されていて、たくさんの人で賑わっていましたよ!

地元、室根の青年ふれあい塾メンバーも、今年開発中のB級グルメ「いちのせきはらみ焼き」で出店中です。本日の「岩手日日」にも掲載していただいています。以前の記事もご覧あれ。

地元に住む若者有志が取り組んで、室根産の鶏肉のハラミを使ったメニューをみんなで考えました。ぜひみなさん、一度食べてみてください、鶏のハラミ、コリコリしていてヤミツキになりますよ。
e0007242_13244433.jpg

(写真は今年の地元夏祭りで初振る舞いしたとき、たくさんのみなさんからオイシイ!と言っていただきました)→青年ふれあい塾のブログ

こうやって若い人たちが頑張って取り組む姿、この春からメンバーになったばかりのワタシもとっても刺激になります!だって自分の仕事や、家のことだって、今の時期、稲刈りとか忙しいはず…なのに、みんな本当に一生懸命で、すがすがしい!

生まれ育った場所に帰ってきて、こんなに素敵な仲間たちと出会えて、ウレシイし、幸せです♪
だから私も少しでもみんなが取り組むイベントに参加したい、できるだけ。
e0007242_1333525.jpg

敬老の日を前にした9月10日には、地区内の米寿を迎える女性の皆さんへ「お化粧と写真撮影のプレゼント」に参加。

御年88歳になられるとは思い難い、ツルンとしたお肌に、心を込めてメイクさせていただきました。もちろん、年齢や、雰囲気も考慮して。

10件のお宅に訪問しましたが、着物を着て待ってくれていた方、お邪魔しても恥ずかしがってなかなか動かない方…笑、化粧なんて何十年ぶりだと言いながら鏡をのぞく方、正直、みなさんとてもチャーミングでした。そろそろみなさんのお宅にカメラマンが撮った写真が届くころかな。
e0007242_13441282.jpg

ここに暮らすということは、ここの人たちと深く関わっていくことなんだなと、心がじんわりほっこりする日々です。
メンバーがつくる青年ふれあい塾ブログもどうぞ。

産業祭りは今日・明日開催!「いちのせきハラミ焼き」食べてね~♪
[PR]
by junjun-nonnon | 2011-10-01 13:20 | 田舎暮らし

未来へ向かって

9月に入りましたね!今日の一関地方、朝から強い雨です。
昨日9月1日は防災の日。
改めて、「自分自身どんなこころ構えや備えが出来ているか考えた一日でした。ラジオからもそんな話題がいっぱい。

3月11日、大地震直後、あまりの揺れの大きさに心を落ち着けることができなかった。
電気も止まりテレビも見られず、やっとのことで家の中から小さなラジオを探し、電池がきれていることに気づき、電池を探し…物が散乱している家の中でとにかく慌てふためいた。ずっと足が震えていた。

その後、近くの災害放送をお手伝いに行ったのは10日後。

気仙沼災害エフエムでは、毎朝市役所から送られてくるFAXをもとに、行方不明者の数、避難所の数、遺体安置所の場所、その日の捜索場所、水道・電気やガスの復旧状況、通行止め箇所、電車、バスの運行について、病院の情報…などなど、日々変わる数字、状況をとにかくみんなで伝えました。放送中に余震が来ることもしばしば。
しゃべれないなんてあ言っている場合ではなく、みんながとにかく分担してマイクに向かい続けたのです。私にとっては二か月間の貴重な経験でした。
気仙沼災害エフエムは今も、今日も気仙沼地域77.5mhzで放送中です。市民の皆さんのためにみんな頑張っています。→(取材していただいた動画です)

気仙沼の放送開始に尽力されたのが、宮城県登米市のコミュニティ放送、H@!FM 76.7mhz。私もH@!FMの局長さんと一緒に、気仙沼の大きな避難所で150台のラジオと電池を配る手伝いをさせてもらいました。
その後は、南三陸町の災害放送立ち上げも手掛け、スタッフを派遣したり、先日お邪魔した時も、自局放送のほかに沿岸向けの情報を発信し、小さい放送局でも、できることをすぐ、信念をもって、ちゃんとフォローまでしている印象がありました。
e0007242_11301224.jpg

(夕方の生放送直前、パーソナリティのイイヅカさん)

ちなみに登米エフエムさんが気仙沼を立ち上げる情報は、震災後始めたツイッターで知り、知人に連絡を取ってもらい気仙沼にお邪魔した経緯があります。

人とつながること。お久しぶりでも、ネット上でも、困ったときでも、情報を発信したり、受け取ったり、心配してくれたり、思い出したり、つながっている人がいるという目には見えない、大切なことを感じた震災でもありました。

これから出来ることは何かな。毎日考えていますが、やはり人に助けられるからこそ出来ることがあるということを忘れないで過ごさなければいけないですね。

みんなひとりで生きているのではないから。
[PR]
by junjun-nonnon | 2011-09-02 16:42 | 田舎暮らし

お盆

お盆を過ぎたら、一気に涼しくなりました。

エアコンがないとダメ~なんて思ったのも一瞬だったような。

4人と4匹で過ごすお盆、毎日そろって仏壇に手を合わせ、お墓参りに行き、
楽しくて愛おしい再会があり、
e0007242_143558.jpg

そんな時間はあっという間で、

ハチだって、近所のお孫さんが連れてきたフレンチブルのブブちゃん(♀)訪問に大興奮しちゃうし、(ブルちゃんの首輪、やっぱコレよね~)
e0007242_1475680.jpg

そんなんしてると、キミの大事なお部屋が誰かさんに占領されて、それからというもの「秘密のお城」気分で、毎日、出たり入ったり、もうやめられない娘、1歳9ヶ月。
e0007242_1410967.jpg


私たちの悲喜こもごも、ドタバタ劇ををご先祖様はどんなふうに感じて見守ってくれているのかなぁ。

大丈夫、ゆっくり、じっくり、ちゃんと家族になっていきます。
楽しいことも、そうじゃないことも、ひとつひとつちゃんと受け止めて。
[PR]
by junjun-nonnon | 2011-08-22 09:51 | 田舎暮らし